新着情報

電気工事士になってよかった瞬間?やりがいを紹介!!2024.06.25

私達が日常生活を送るうえで必要なインフラである、電気を取り扱う職種が「電気工事士」です。身近にある電気に関連する仕事であるものの、具体的にどのような仕事をしているかが見えにくいため「仕事でやりがいはある?」「どんなところにやりがいがある?」といった疑問を持つ方も多いかもしれません。今回の記事では、電気工事士の仕事内容ややりがいについて解説します。電気工事士への転職のポイントについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

仕事においてやりがいを感じるとき

まず、仕事におけるやりがいとは何か、どんなときにやりがいを感じるかについて解説します。

仕事のやりがいとは?

仕事のやりがいとは、仕事を通じて得る満足感、手ごたえ、充実感などを指します。仕事は給料を得る目的で行いますが、人生の時間の中でも仕事に費やす時間は膨大です。かならずしも仕事にやりがいは必須ではありません。ただし仕事へのモチベーションを維持したり、仕事を通じての成功体験や自信につなげたりしたいときなどは、仕事のやりがいの有無は大変重要になるといえるでしょう。仕事を通じて豊かな人生を送りたいときにも、やりがいは必要と考える人も多いのではないでしょうか。

人が「やりがいを感じる瞬間」

人が仕事を通じてやりがいを感じる瞬間は、大きく分けて「過去の自分より成長できたとき」と「人の役に立てたとき」のふたつがあります。たとえば責任のある職務になったときや、難しかった仕事をこなせるようになったときなど自分の成長を感じたときや、取引先から感謝されたときや仕事を通じて社会貢献を実現したときなど、人の役に立てたときに、仕事への大きなやりがいを感じる人も多いです。

電気工事士の仕事内容と魅力

電気工事業務を行う電気工事士も、多くの魅力がある仕事です。電気工事士の仕事内容と、魅力を順に解説します。

重要な現場業務

電気工事士とは、電気に関する工事を行う国家資格です。電気工事士の資格がなければ、電気工事を行うことは法律で禁止されています。電気は日常生活から経済活動まで必要なインフラのため、電気工事士は人々の生活に密接した重要な職業であると言えます。

電気工事士のおもな仕事内容、資格の取得方法、取得するメリットは以下の記事でくわしく解説しています。

■関連記事:電気工事士になりたい人必見!資格取得から現場までの道のり

資格取得とキャリアアップの魅力

電気は現代社会で生活するうえで必須のインフラです。電気工事は停電や故障を防ぎ、電気を安全に使用するために必要な業務となります。そのため、電気工事士は市場のニーズや時代の変遷などの影響を受けず、いつでも安定した需要がある職種です。ほかの職種から電気工事士への転職はもちろん、より良い待遇を求めて転職もしやすい仕事と言えます。

電気工事士は新築現場やビル、工場、商業施設の電気メンテナンスなども請け負うため、時期によっては忙しくなることもあります。ただし、需要がなくなることがないため、いつでも仕事が継続的にあり安定した収入が得られる仕事です。

電気工事士の資格を取得後現場での作業は専門的な知識や技術が求められますが、現場での経験を通じて少しずつ身に付けられます。仕事で身に着けた知識や技術は、電気工事士としてのキャリアアップを狙うときにも活かせ、自分で活躍の場を広げることもできるでしょう。

同じ企業の中で電気工事士としての実績を積めば、管理職や経営陣へのキャリアアップも目指せます。ほかにも独立して自分の会社を立ち上げたり、電気工事施工管理などの関連職種へのキャリアチェンジをしたりも可能です。

電気工事士として活躍する女性も増えている

現場作業や高所作業の多い電気工事士は体力が求められる仕事ですが、体力に自信があれば女性も活躍できる職種です。近年の少子高齢化による人手不足の影響で、電気工事士として活躍する女性も多くなりました。また、夫婦共働き世帯として働く場合、長く安定して働ける仕事に就きたいと考える女性も多いでしょう。電気工事士は安定した需要のある仕事のため、ライフプランを考えながら働きたい女性にも向いている仕事です。

電気工事士としてのやりがいを感じる瞬間

電気工事士という仕事を通じてやりがいを感じる瞬間はたくさんあります。おもな電気工事士のやりがいを紹介します。

社会へ貢献しているという気持ちを持つとき

電気は人々が生活や仕事を送る上で欠かせないものです。電気工事士として電気を安全に取り扱えるように工事を行うことは、人々の生活を支え、人の役に立っていると実感する人も多いでしょう。日々の仕事そのものの社会貢献度が高いことは、電気工事士ならではのやりがいです。

資格を取得できたとき

電気工事士として活躍するには、専門的な知識や技術が必要です。電気工事を行うには電気工事士資格が必要ですが、未経験の状態で電気工事関係の企業に就職し、現場で働きながら資格取得を目指すこともできます。特に従業員の電気工事士資格取得のサポートを行っている企業に就職し、電気工事士資格を取得できれば一生ものの資格として活用できます。

一生安定して働くための手に職を付けたい、と考えている人にとっては、電気工事士資格を取得できたときに大きなやりがいを感じられるでしょう。なお、第二種電気工事士資格を取得後、活躍の幅を広げるために第一種電気工事士資格へチャレンジすることも可能です。

チームで仕事をやり遂げたとき

企業によって異なりますが、電気工事士資格を取得していることで資格手当が付くことがあります。年収アップを目指したいときにも、電気工事士資格取得は有効です。電気工事士は、業務内容や電気工事を行う規模によっては自分ひとりではなく、チームで協力して仕事を行うこともあります。チームで一丸となって仕事をやり遂げたときの達成感や、チームプレイで結果が出たときには、大きなやりがいを感じられるでしょう。また、想定外の問題が起きたり、日々の業務をみんなで協力して完遂したりといった、チームで困難を乗り越えたときの特別なやりがいも得られます。企業によって異なりますが、電気工事士資格を取得していることで資格手当が付くことがあります。年収アップを目指したいときにも、電気工事士資格取得は有効です。

大きな工事完了後

電気工事士は、ビルや工場の電気配線のメンテナンスや、大型施設の空調や照明の設置といった、規模の大きな仕事を請け負うことも多くあります。スケールの大きな電気工事はそれだけ作業内容も多く、複雑なこともあるでしょう。自分が努力をした結果に大規模工事が完了すれば、大きな達成感を味わうことができます。

自分の成長を実感できたとき

電気工事士は、日々の業務の中で少しずつ電気工事士としての技術やスキルを取得していきます。コツコツ経験を積んだ結果、電気工事士資格を取得できたり、できることが増えたことで周囲からの評価も高まったりしたときには、自分が成長したと感じられるでしょう。ひとりでも現場を任されるようになり、自分の成長を実感したときには大きなやりがいとなるでしょう。

特に電気工事士は業務の幅が広く、技術やスキル、知識は日々新しいものが誕生しています。極める技術に果てがないことも、長く続けることでよりやりがいを感じられる仕事と言えるでしょう。一生やりがいを得ながら働ける仕事を求めている人にも、電気工事士は向いています。

周辺からの評価を得られたとき

前述通り、電気工事士としての技術やスキルを磨いたり、資格を取得したりすることで、周辺から自分の技術や実力を評価してもらう機会も多くなります。仕事が多く任されるようになるのはもちろん、大きな仕事で成果を出せば昇給のチャンスもあります。自分が努力をした分だけ認められ、さらに給料にも反映されればやりがいはもちろん、仕事を長く続けていくうえでもモチベーションにつながります。

電気工事士への転職ポイント

電気工事士への転職ポイントは、経験者か未経験者かによって異なります。経験者、未経験者それぞれのポイントを解説します。

経験者は資格や実務経験をアピールする

すでに電気工事士としての経験があって転職をする場合には、保有している資格や実務経験をしっかりアピールしましょう。企業側は即戦力となる電気工事士を求めているためです。特に第一種電気工事士資格を取得していれば、担える電気工事の幅が広くなるため転職に有利です。

実務経験をアピールするときには、電気工事士としての勤務年数や担当したことのある電気工事などを具体的に伝えるのがおすすめです。

未経験の場合は資格不要、取得サポートのある企業がおすすめ

電気工事士資格をまだ取得していなく、実務経験がない場合には未経験・資格不要可の求人を狙いましょう。企業によっては、働きながら電気工事士資格と技術の取得を目指せるところもあります。

たとえば「株式会社sora」では、働きながら電気工事士資格の取得を目指せる環境が整っています。就業から半年~1年で第二種電気工事士資格取得達成が可能。従業員10名中資格保有率は100%、第一種電気工事士資格保有は80%に上ります。

やりがいを持って働ける環境が整っている場所を選ぶ

未経験者、経験者ともに大切なのが電気工事士としてのやりがいを持って働ける環境が整っているかです。たとえば自分の経験や技術に応じて評価が受けられる制度が整っている企業なら、電気工事士としてのやりがいを持ちながら長く働けるでしょう。たとえば「株式会社sora」は、資格取得ごとに昇給する評価基準を設けているため、資格取得で努力した分年収アップも目指せます。

まとめ:電気工事士の魅力とやりがいを実感!

電気工事士の仕事内容と魅力、仕事のやりがいについて解説しました。電気工事士は安定した需要の見込める資格職です。長く働けるのはもちろん、昇給やキャリアアップにつながるやりがいもたくさんあります。達成感や自分の成長を感じながら日々働きたいと考えている人は、電気工事士を目指してみてはいかがでしょうか。